遺言作成の専門家で、gsoj 行政書士 大島法務事務所は、京都,大阪,滋賀の遺言作成のサポートを行っています

HOME > 事務所概要 > プロフィール > 行政書士になった理由

行政書士になった理由

行政書士には定年が無い

協議離婚、遺言、相続、営業許可申請、会社設立の京都のgsoj 行政書士 大島法務事務所13行政書士になった最大の理由は、会社員には定年がありますが、行政書士には定年がないということです。 会社員をしてた頃、もし自分が定年になったり、会社をクビになったときのことを考えたりすると、とても不安になりました。 今後は、定年が無い仕事がしたいと思うようになりました。行政書士なら何歳になっても仕事が出来る、それが最大の魅力でした。

行政書士を目指したきっかけ

協議離婚、遺言、相続、営業許可申請、会社設立の京都のgsoj 行政書士 大島法務事務所14勤めていた会社では、休みや自分の時間がほとんど取れず、とにかくゆっくりしたかったので会社を辞めることにしました。会社を辞めるときには、後先のことは考えていませんでした。ゆっくりしながら、次の仕事のことなどを考えていました。このときに、自分で事業を始めようか?とも考えましたが、始める事業の内容が見当たらず、自問自答の繰り返しの毎日でした。 そんなとき以前に受験したことのある、行政書士をまた目指してみようと決意しました。以前に受験したときは、会社員をしながら勉強していたので、圧倒的に勉強時間が足りませんでした。 自分自身も真剣に取り組んでいなかったので、不合格でした。  今はゆっくりできる時間があるので、仕事をせずに行政書士の勉強につぎ込む事にしました。 勉強期間を一年間と決めて、合格してもしなくても、その期間が終われば仕事をするつもりでした。ですが、勉強を進めていくうちに、『行政書士になるんだ』という決意が、だんだん大きくなっていきました。

勉強期間

協議離婚、遺言、相続、営業許可申請、会社設立の京都のgsoj 行政書士 大島法務事務所15会社員のときには、独学で勉強していましたが、今回は資格学校のLECにも通いました。 ですが、私自身が行政書士の受験に対して安易に考えていたので、1年間真剣に勉強すれば合格できると勘違いしていました。初年度は法律を初めて勉強するので、覚えなきゃいけないことをきちんと覚えきれませんでした。 勉強を始めて半年後、LECの答練では散々な得点でした。このとき今年の受験では、不合格になることを悟りました。受験前にもかかわらず、一年間と決めた期間は、2年目に突入する覚悟をしました。 案の定、勉強機関は2年目に突入することになりました。2年目は半年間、昼間に京都府の職業訓練校に通いながら、勉強しました。LECの答練・模試などでは、偏差値60以上をキープし、自信も多少ありました。 ところが受験してみると、問題がまったく解けず、勉強不足で駄目な結果でした。 協議離婚、遺言、相続、営業許可申請、会社設立の京都のgsoj 行政書士 大島法務事務所16 3年目は、1年目2年目の結果を踏まえて、勉強不足にならないように毎日、朝から晩まで勉強に取り組みました。家での勉強はどうしてもだれてしまうので、LECの自習室が9時から21時まで空いており、朝一からラストまで缶詰状態で勉強しました。3年目の答練・模試では、偏差値が安定しませんでした。 去年はこの成績が良かっただけに、少し自身を持っていたので、この自身は崩れ去りました。この不安定な成績は、自分自身をより追い込むことが出来ました。解けない問題を徹底的に繰り返しました。 本試験が終わった後、LECで直ぐに自己採点しました。法令はそこそこの感触を得ていたのですが、一般教養に自身がなかったからです。 協議離婚、遺言、相続、営業許可申請、会社設立の京都のgsoj 行政書士 大島法務事務所17 一般教養はなんとか足切りスレスレでした。法令分野と一般教養の合計点は、合格点を超えていたので、ホッとしました。試験後は、合格する自信はありました。 合格発表は3ヵ月後でしたので、日が経つにつれだんだん不安になりました。合格発表のとき、自分の番号があるのかすごく不安でした。合格発表は、インターネットで見ました。 自分の番号を上から順番に見ていくと、私の番号がなかったんです。このときのショックは絶大でした。3分ぐらいは呆然としました。もう一度、番号の確認をしたんです。そしたら、受験番号は、縦に並んでいるのではなく、横に並んでいたんです。横向けに眼を追っていくと、一番端っこに私の番号があったんです。 このときは、本当にホッとしました。嬉しいというよりも、やっと終わったという感じです。

なぜ行政書士を目指したのか

協議離婚、遺言、相続、営業許可申請、会社設立の京都のgsoj 行政書士 大島法務事務所18私が行政書士を受験しようと思ったきっかけは、結構不純です。 会社員だったとき、とある女性としりあいました。知り合ったきっかけは、結婚相談所を通して一人の女性を紹介してもらいました。その女性はとても綺麗で税理士の女性でした。 4回程デートしましたが、お付き合いするまでには至りませんでしたけどね。彼女は仕事をしながら税理士の勉強をされ、過去の苦労があるから今の自分があるとおっしゃっていました。 協議離婚、遺言、相続、営業許可申請、会社設立の京都のgsoj 行政書士 大島法務事務所19 そんな話を聞いて今の自分自身に照らし合わせてみると、私は何も苦労していないし、誇れるものがない。私も苦労して、誇れるものを持ちたいと思いました。 私も苦労して、彼女みたいに誇れるようなことを語れるようになりたいと思ったので、私も税理士を目指してみようと思いました。 それで、税理士について調べてみると、税理士の受験資格が私にはなかったんです。 他の資格を調べてみると、行政書士には受験資格がなく誰でも受験できるし、独立開業ができる、また試験も60%の正答で合格できるので簡単だと思い、私が目指すならこの資格だと思いました。それが、私が行政書士を目指したきっかけです。

ページの先頭へ


遺言書作成サポート 京都滋賀   運営 gsoj 行政書士 大島法務事務所

〒604-8422 京都市中京区西ノ京東月光町4番地26
電話 075-204-8563