遺言作成の専門家で、gsoj 行政書士 大島法務事務所は、京都,大阪,滋賀の遺言作成のサポートを行っています

HOME > 見本や雛形の文例集 > 見本や雛形13

遺言の見本や雛形13

外側  封筒 (0)  総合例
(1)  妻に全部あげる (9)  相続人が不仲である
(2)  妻に不動産、子供に預貯金を相続させる (10)  身体障害者の子供がいる
(3)  相続割合を指定する (11)  子供の認知
(4)  内縁の妻にすべてあげる (12)  介護でお世話になっている方
(5)  個人事業主の方で長男に全てを譲る (13)  行方不明の推定相続人がいる
(6)  株式会社の経営を長男に全てを譲る (14)  介護でお世話になっている方に
(7)  相続人の廃除 (15)  葬儀やお墓に希望がある
(8)  予備的遺言を入れる (16)  永代供養を考えている

遺言の京都市の専門家4行方不明の相続人がいる


遺 言 書

遺言者 滋賀健二は、次のとおり遺言する。

第1条 
京都太郎に以下のものを...........

第2条 
大阪佳央里に以下のものを..................

第3条 
亀岡加奈子に以下のものを..................

第4条
遺言執行者には下記の者を指名する。

住所  京都市中京区西ノ京東月光町○△番地
氏名   大島 真一
職業   行政書士

なお、上記の者の遺言執行の報酬は金○万円とし、妻滋賀夢子の相続分より支払うこととする。


私は、上記のとおり全文を自書で書き下ろし、署名押印する。

平成○○年5月14日


住所   滋賀県草津市大津温泉亀岡町14-18
本籍   京都府亀岡市大阪天満宮西大津町14-26
       氏名   滋賀健二      印
       昭和17年2月21日生れ


※ 補足
行方がわからない相続人に対して財産をのこさないような内容を書いたものを作成します。なぜなら、所在が不明で連絡が取れない相続人がいると、相続人の全員が参加する必要のある遺産分割協議ができません。 行方不明の相続人の一人を除外して遺産分割の手続きをしたとしても、その手続きは無効となってしまいます。 場合によっては、遺産としての預貯金が一切引き出しできない事態ともなります。行方不明になっている人を探し出すのは容易なことではありません。 遺産がもらえることを嗅ぎ付けて突然現れる人もいますが、まだその方が遺産分割手続きが進められる分マシかも知れません。 遺言書を書いておけば遺産分割協議が必要なく、執行者によって預貯金の引き出しもスムーズにできます。


※ 注意
  書き方については、縦書き、横書きは問いません。 書くものについては、筆、ボールペンなど書くものは何でもかまいません。ですが、鉛筆書きは第三者が勝手に内容を変更したりすることができるので、原則有効ではありません。 また用紙には、長い年月の保存に耐えうる用紙を使用することが望ましいといえます。 用紙についても、和紙・洋紙など何でもかまいませし制限はありません。ただ、長期にわたって保存する恐れがあるので、長い年月の保存に耐えうる用紙を使用することが望ましいといえます。また、用紙が複数になった場合は、用紙と用紙の間に契印を押してください。


ページの先頭へ


遺言書作成サポート 京都滋賀   運営 gsoj 行政書士 大島法務事務所

〒604-8422 京都市中京区西ノ京東月光町4番地26
電話 075-204-8563